カニワの食べ方は?

簡単調理で手軽に栄養!

カニワは茹でて食べるのが一般的です。

Sabor Andinoのカニワは、農薬を使わない有機栽培で育てられており、収穫後は国際規格を取得している工場で丁寧に洗浄・加工されているので、水洗いせずにそのままお使いいただけるので便利です。

茹でたカニワは、サラダやお浸し、スープの具など様々な料理にアレンジ可能。

また、カニワパウダーはドリンクに入れたり、ヨーグルトにかけたりと、より一層普段の生活に取り入れやすくなっています。

カニワの茹で方

①鍋に水とカニワを入れる

鍋にカニワと多めの水(カニワの3倍程度)、お好みで塩少々を入れて火にかける。

 

※本品は水洗いする必要はありませんが、気になる方は軽く水洗いをしてください。

その際は、目の細かいザルをご使用ください。

②10~15分ほど煮る

 

10~15分ほど煮ると、カニワが水分を吸って膨らんできます。

水が蒸発して少なくなったら、水を足しながら好みの硬さになるまで煮てください。

 

※湯を捨てて茹でこぼす必要はありません。

③5分ほど蒸らす

 

水がなくなり、好みの硬さになったら、火を止めて5分ほど蒸らす。

④サラダやお浸しに添えて

  

サラダやお浸しに添えてどうぞ。

スープに加えても、プチプチ食感が楽しめます。

生のまま、米と一緒に炊飯器で炊いてもおいしく召し上がれます(米1合に大さじ1杯が目安です)

 

※調理したカニワは冷蔵庫で3日ほど保存可能です。